リフォーム施工事例

トタン屋根 塗装

リフォーム部の森です。

管理物件のアパートで屋根の塗装を行いました。

塗装が剥げて錆がかなり出ていたので塗装することになりました。

貫の状態も心配だったので板金を剥がしてみると案の定、弱っていたので既存の木貫を全部撤去し腐る事がないプラスチック貫を使い棟板金を再度固定しました。

ケレン、錆止め、中塗り、仕上げと終わったらテカテカのきれいな屋根に仕上がりました。トタンの痛みも止まるのでこの先10年は心配ないと思います。

暑かったり、雨が降ったり難しい時期の工事なので仕方がないのですが今日終わってほっとしました。

コロナ対策 抗ウィルスシート取付 仕切り

リフォーム部の森です。

社長からのリクエストでお客様の席と事務所内を仕切るシートの取付を行いました。

今まではとりあえず照明器具の端っこに両面テープでくっつけていたのですがコロナウィルスとの付き合いも長くなりそうということで、前後の位置、高さも計算してしっかり取り付けしました。

丁度物置になっている3階の整理をしていて出てきた廃材と残りのペンキで作ったにしては我ながらよくできたなと思いました。

 

屋根改修 アパート トタン波板葺き

リフォーム部の森です。

アパートの屋根改修がおわりました。

なるべく予算を掛けないで行った工事なので苦労した所もありましたがなんとかうまく納める事ができました。

見た目はあまりよくないですがもう風で飛ばされる心配も無くなりました。

雨漏りは屋根以外の所から発生している可能性もあるのでとりあえず様子を見てもらうしかありません。

ここ数年は雨風が建物の許容範囲を超えている様な気がします。古い建物は気を付けないといけませんね。

 

アパート 屋根 改修

リフォーム部の森です。

今週はアパートの屋根改修工事を行っています。

天気に恵まれて順調に進んでいます。

既存の壁トタンが昨年の台風で吹き飛び雨漏れ被害があったので、その時に屋根に登ったら屋根全体がかなり長い間メンテナンスされていなくて塗装なども剥がれて酷い状態でした。もう築40年以上の古いアパートなのであまりお金をかけずに改修する方向でオーナーさんの了解をいただきました。

本来ならば足場をかけて既存の屋根材も全部剥がして新しく屋根を葺きたい所ですが幸い屋根勾配も緩く2階廊下から脚立を立てれば屋根に登れたので今回は足場を組まずに作業しています。

明日はトタン波板を葺く作業です。土曜日に雨が降りそうですが明日でなんとか形にできそうなので良かったです。

外壁改修 サイディング 

リフォーム部の森です。

連休前最後の仕事で外壁の回収工事が完了しました。

バルコニーの飾り穴付近から水が廻ってしまいモルタル塗りの外壁が剥がれ落ちてしまった状態でした。

傷んでいるのがバルコニーの面に限定されていたのでモルタルと下地合板を全部撤去し合板+防水紙を張り替えサイディングで仕上げました。

モルタルが相当な傷み方だったのですが合板以外の木部は腐っていなかったので追加の内容が出なくて予定通り完了しました。色味も既存壁と相性良く自然な仕上がりになりました。

今後建物を長く維持するには定期的なメンテナンスを入れて下さいねとお客様におねがいしました。悪くなった所を放置してしまうと想像以上の大工事になってしまいます。神経質に気にしすぎる事は無いですが5年・10年と定期的に手を入れてあげると酷い状態になる前に発見できるのではないでしょうか。外壁が落ちてくる心配もなくなったのでお客様にも一先ず安心して頂けたと思います。

明日から連休です。コーラとお菓子を楽しみに引きこもりがんばります。

マンション フルリフォーム キッチン ユニットバス トイレ 化粧台

リフォーム部の森です。

自社売買物件のマンションフルリフォーム工事が完了しました。

この物件はコロナウィルスの影響で設備の調達が困難でした。

便器・ウォシュレット・食洗器など現場が始まった頃は全く入って来ない雰囲気だったのですが食洗器以外はなんとか全部設置する事ができました。

食洗器もネットで通常よりもかなりの高値であれば仕入れる事も可能なのですが今は緊急性が無いので食洗器を設置できる状態にしてシステムキッチンに空間が空いている状態です。

いつまで続くかわからないコロナの騒動ですが早く出口が見える様に連休中はがんばって引きこもります。

ダクト換気扇 防火ダンパー付フード 換気不良

リフォーム部の森です。

賃貸アパートの退去に伴う原状回復工事の見積もり作成の為、現地調査に伺った所ユニットバスのダクト換気扇の作動音が大きく気になりました。

明らかにモーターがおかしくなっている時の音とは違うしなんだろうと探っていると換気扇の排気口が防火ダンパー付フードになっていて何かの理由でヒューズが取れて蓋が閉じている状態でした。

防火ダンパーは火事が起きた時に屋内から屋外に火が噴出さない様にする為の物です。使用場所によって違いますが一定の温度に達するとヒューズが切れて蓋が閉まる構造になっています。

その他の部屋はどうかと思い全室チェックしたところ合計6箇所も閉じてしまっていました。これでは全く排気できないのと同じです。早速オーナーさんに許可を頂き交換の段取りをしました。

今日で年度の締めです。コロナウィルスの影響で先行き不透明な世の中ですが来年度も皆で楽しく働けるといいなぁと思う次第です。

マンション フルリフォーム 完成

リフォーム部の森です。

自社売買物件のフルリフォーム工事が終わりました。

コロナウイルスの影響で浴室やキッチンの納期遅れや受注停止など住宅設備でもかなり影響が出ていますが、この物件は騒ぎが大きくなる前からの計画だったので幸いほぼ工期通りに納める事ができました。今後も続く様だと大変困ります。

お部屋は高台にあり広々としたリビングからの眺望は最高に気持ちいいです。明るく爽やかな部屋になりました。

台風被害 棟 貫 改修

 

リフォーム部の森です。

近隣のアパートで去年の台風で飛ばされていた棟の改修工事を行いました。

雨漏りが発生していないので被害がわかりませんでしたが飛ばされた棟板金がアパートの裏に落ちていたのにオーナーさんが気づいて屋根の点検をお願いされて初めて被害がわかりました。

棟の半分くらいが飛ばされて無くなっていました。木製の貫だと風化して全く釘が効いていない状態になってしまいます。今回は腐らないプラスチックの貫を採用しました。棟板金も新しくしてとりあえず一安心です。

風害は保険金が下りるのでオーナーさんの保険で対応してもらいました。

 

電気配線カバー モール 露出配線

リフォーム部の森です。

賃貸物件の入退去に伴い現状回復工事を行っています。

築40年ほどのマンションなのでTVコンセントが元は1箇所しかありません。別の部屋でも見られる様にする為には分岐して露出配線で回してあげないといけません。

またエアコンのコンセントも専用回路になってはいるのですが床に近い位置なので露出配線で上部に移動しておかないとエアコン取付の時に困ってしまいます。

既存の状態があまりきれいになっていなかったので一度配線を外し露出BOXの位置なども考えやり直ししました。ごちゃごちゃした感じが解消されてすっきりしました。別の部屋も同じ状況だったのでまだ作業途中ですがすっきりさせる事ができました。

« Older Entries

ページのTOPへ