トップページ > リフォーム施工事例 > 賃貸物件 火災報知器 電池切れ 本体交換

賃貸物件 火災報知器 電池切れ 本体交換


リフォーム部の森です。

賃貸物件の入居者様より住宅用火災報知器の電池切れのサインが出ていると連絡がありました。

メーカー発表だと約10年で電池切れになり、お知らせするために音を鳴らしたり・ランプを点滅させたりします。

交換に行ってみると大体設置から11年~12年位の物がほとんどでメーカー発表より少し長く持つ感じになっています。

さて電池だけを交換すればまた使える様になるのですが、それ程金額の張る製品では無いので私共では本体毎交換する事をお勧めしています。

次回交換の時は設置から22年~24年後と考えると正常に作動するか少し不安です。

電池を交換するにしても専用のリチウム電池(約1,000円くらい)が必要で数百円で交換まで行えません。

本体毎交換しておけば今後10年また安心して設置しておけるので、決して高くない差額だと思います。

工事種類 物件種目
施工テーマ
詳細

お問い合わせフォーム

お問い合わせ部門
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
物件やリフォームのご質問や希望内容などお気軽にお書き下さい
写真画像1を添付 3MBまで
写真画像2を添付 3MBまで
写真画像3を添付 3MBまで
最終確認(必須) プライバシーポリシーを確認頂きました。

 


プライバシーポリシー

個人情報とはお客様の住所・氏名・連絡先(メールアドレス・電話番号・FAX番号)により、個人を特定できる情報を示します。

個人情報の利用について
お客様よりご提供いただいた個人情報には、弊社からのお問い合わせの対応のみに利用します。
個人情報の取得について
お客様よりご提供いただいた個人情報につきましては当社が責任をもって管理し、第三者への漏洩は一切致しません。
個人情報の管理について
個人情報への不正なアクセス、または個人情報の紛失、改ざん、破壊、漏洩等の危険に対して、技術面及び組織面において合理的な安全対策及び予防措 置を講じます。

ページのTOPへ