トップページ > リフォーム施工事例 > 電池式呼び鈴 モニターホンに交換

電池式呼び鈴 モニターホンに交換


リフォーム部森です。

賃貸アパートで新入居者さんが決まったサービスで電池式の呼び鈴からテレビモニターホンに交換する工事を行いました。

クロス貼り替えが終わっていると配線を隠蔽できない場合もあるのですが今回は押入から屋根裏に入り配線作業ができたので隠蔽配線できれいにしあがりました。

もともとが電池式だと100Vの電源線が来ていないので天井裏で1本切り分けて本体へ。また呼び鈴の本体はだいたい高い所に付いているのでテレビドアホンの本体を同じ場所につける事はできません。目線の高さくらいの所まで本体取付位置を下げるので玄関の押し釦と繋がっている弱電線の延長が必要になります。この2本を配線通しの道具を使って上手く通すことができました。横桟が入っていて通らない事が良くあります。今回はラッキーでした。

そして高い位置にある呼び鈴本体の穴は目隠しプレートでカバーしました。クロス貼り替え前の不要穴の場合はボード補修で塞ぐのですが仕上がったお部屋の場合は目隠しプレートを使います。高い位置につけるのでほぼ気にならない様になります。

工事種類 物件種目
施工テーマ
詳細

お問い合わせフォーム

お問い合わせ部門
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
物件やリフォームのご質問や希望内容などお気軽にお書き下さい
写真画像1を添付 3MBまで
写真画像2を添付 3MBまで
写真画像3を添付 3MBまで
最終確認(必須) プライバシーポリシーを確認頂きました。

 


プライバシーポリシー

個人情報とはお客様の住所・氏名・連絡先(メールアドレス・電話番号・FAX番号)により、個人を特定できる情報を示します。

個人情報の利用について
お客様よりご提供いただいた個人情報には、弊社からのお問い合わせの対応のみに利用します。
個人情報の取得について
お客様よりご提供いただいた個人情報につきましては当社が責任をもって管理し、第三者への漏洩は一切致しません。
個人情報の管理について
個人情報への不正なアクセス、または個人情報の紛失、改ざん、破壊、漏洩等の危険に対して、技術面及び組織面において合理的な安全対策及び予防措 置を講じます。

ページのTOPへ