トップページ > リフォーム施工事例 > マンション トイレ リフォーム 鉛管 MYジョイント

マンション トイレ リフォーム 鉛管 MYジョイント


リフォーム部、森です。

連日酷い暑さで少々バテ気味ですが頑張っています。

マンションの水廻りリフォームを行っています。

築50年近くになる物件ですがトイレの排水が鉛管でした。しかも1枚目の写真で分かる様に芯合わせする為に酷く曲げてあります。

ユニットバス・洗面台・洗濯機置き場の工事と絡んでいるため床の高さが現状よりも約10センチ高くなります。どうにか配管を延長しないとトイレが一段下がってしまう様な工事になってしまいます。本来下の階から配管をやり替えてしまうのが一番良い方法なのですがそれには下階のトイレ天井を剥がして作業するしかありません。ハツリ作業などもあるのでホコリなどもたくさん出ます。ただでさえ工事中の騒音でご迷惑をかけているのにできれば下のお部屋で工事するのは避けたいとの施主様のお考えもあり、相談の結果MYジョイントという鉛管と塩ビ管の変換接続継ぎ手を使い配管を塩ビ管に変換して延長する方法にしました。

先ずは鉛管を慎重にバーナーで炙りながら形を整形します。私は職人さんがやるのを初めて見たのですが思いの外柔らかくなってました。円形に戻せたので下側のフランジを通します。そしてまた炙り今度は口の部分を拡げます。そこにテーパーリングを転がらない様に平らに置きます。ここをきちんとやらないと漏れてしまうらしいです。

水平に置いたテーパーリングの上に平パッキン、専用の塩ビ継ぎ手とフランジを置き上下のフランジをボルトで締め付けます。これで継ぎ手の取付は完了です。あとはソケットを使って塩ビ管を延長してあげれば任意の高さに調整できます。

漏れが非常に怖かったのでホースを使い大量に水を流して検査も行いました。トイレの天井に点検口がある物件だったので便器を仮設置して水を流し下の階から漏れが無いかの確認だけはさせてもらいました。

始めの鉛管の形からしてどうしようか悩みましたが下の階の方にもご迷惑にならなかったのでMYジョイントでやれて良かったです。慎重に丁寧に作業すれば漏水の心配も無い優れた製品だと思いました。でもなるべくこういう状態の配管には当たりたく無いというのが本音ですね。

工事種類 物件種目
施工テーマ
詳細

お問い合わせフォーム

お問い合わせ部門
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
物件やリフォームのご質問や希望内容などお気軽にお書き下さい
写真画像1を添付 3MBまで
写真画像2を添付 3MBまで
写真画像3を添付 3MBまで
最終確認(必須) プライバシーポリシーを確認頂きました。

 


プライバシーポリシー

個人情報とはお客様の住所・氏名・連絡先(メールアドレス・電話番号・FAX番号)により、個人を特定できる情報を示します。

個人情報の利用について
お客様よりご提供いただいた個人情報には、弊社からのお問い合わせの対応のみに利用します。
個人情報の取得について
お客様よりご提供いただいた個人情報につきましては当社が責任をもって管理し、第三者への漏洩は一切致しません。
個人情報の管理について
個人情報への不正なアクセス、または個人情報の紛失、改ざん、破壊、漏洩等の危険に対して、技術面及び組織面において合理的な安全対策及び予防措 置を講じます。

ページのTOPへ